TOP » 借金返済の失敗と成功 » 返さなくてもいい借金があるとは!

返さなくてもいい借金があるとは!

昔からギャンブルなどに嵌り、消費者金融から借りては返済・・・と繰り返したいました。塗装業で給料は比較的よかったのでなんとかやり繰り出来ていたのですが、自営業になってそれ以外の資金、お金が必要になり借りている商品者金融も有名どころはすべて借りたというお恥ずかしい状態で。

職人の給料支払いや自分の趣味のために借入れを繰り返し、気づいたときには総額で322万の借金になってしまい、毎月返済だけで15万円という状態に。
結婚して2年くらいの時にはじめて妻にも相談。妊娠した時期だったのでとても話すには勇気が要りました。二人で相談した結果「自己破産するしかないな」という結論に。 そこでネットで無料相談できる法律相談サイトへすぐに相談をしました。

その借金をどう少なくした?返済した?

話すのが苦手なので対面せず、電話とメールで相談できるネット相談は非常に安心でした。 そこで弁護士さんに言われたのが「○○さん、返さなくて良い借金と返さないといけない借金があるんですよ」という言葉。これにはビックリしました。 借金は絶対に返すもので、返さなければ無利なら自己破産しかないと思っていましたから・・・



本当に返さないといけないのは「利息制限法」という法律で引きなおした(計算しなおした)借金だけ。 

ちょっと難しいのですが、「昔はこの制限以上の金利でお金を貸し出していた」ということで、私が過去にも借りて返済したものや、返済中のものもこの法律に反しているので、請求すれば払いすぎた利息は取り戻せるし、返済自体もこの利息制限法で引きなおしたものだけで良いということでした。 

実際に借りていたキャッシング会社も有名大手中心でしたが、聞いてみると「既に元本返済は終わっているし、払いすぎた利息も数十万あるから取り戻せますよ」と。 

要は「返さなくてもいい借金を、がんばって返そうとしていた」 ということだったのです。

これを過払い金というらしいです。テレビや雑誌でも最近はよく聞きます。
借金自体を減らしたい、自己破産は出来れば避けたいということを伝えたところ、「任意整理」という方法で今の返済の半額以下に出来そうだとアドバイスを戴き、その方法で解決するようにお願いしました。任意整理は裁判所を通し、貸金業者やキャッシング会社と協議し、分割で借金を払う方法。 3年間で返済する金額を決めて、それ以外の借金を免除してもらいます。

3年以内で完済できるように再度、返済を計画してもらうので、借金自体はチャラにはなりませんが確実に借金返済が可能になり、精神的にも時間的にもスムーズでした。 今ではすべての借金返済も終わり、あのときに自己破産なんてしなくて良かったなーと思っています。